沖縄県議会に行ってきました

NO IMAGE

以前若者と政治家の方々とディスカッションするイベントで出会った議員の方たちに会いに県議会に行ってきました。
もちろん初めてで緊張しました。

この話の前にまず県議会とはを説明しておきたいと思います!

県議会とは、沖縄を、平和で明るい地域にするためには、政治について、みんなで話し合い、それを実行していかなければなりません。でも、すべての県民が一堂に集まって話し合うことはできないので、私たちの代表者を選んで働いてもらうことが必要で、この代表者県会議員といい、その県会議員の集まりが県議会といいます。

参考:議会のしおり

話は戻って、、

まずエントランスで誰を訪問しにきたかを書かなきゃいけないのですが、

今回色々な党の議員さんにアポをとっていたので、
警備員さん、、、

??本当?て感じで不思議そうな顔していました。笑

県議会の中へ

それから時間になったので、中に入り、党の事務所に行かせてもらいました。
党の部屋もあり、
個人の部屋もあるのですが、

個人の部屋があるのって
他の県の中でも珍しいらしく、
話によると立法院(琉球政府時代の県議会の役割)の名残らしいです。

この後、
見学で議会の場所も案内してもらいました。

中はすごくきれいで立派でした。
議会の席順って面白くて
知事側は与党
真ん中のブロックは中立の人たち
次は野党となっていたり

新米議員さんは意見しやすいように前の席など
それぞれ意味があるようですごく面白いと思いました!

他の施設としては、図書館などもありました。最近カレー屋さんもできたらしいです。

知ったこと

政党や議会の構成の話などを教えてもらいました。
国会の中でもそれぞれ大臣がいて担当が違うように、
県議会も委員会などで担当が違っているみたいです。

予算の話を聞いて、一番驚いたのは、
沖縄県の予算は、
7割が国から3割が沖縄の税金だということです。
まだまだ自立できていないことを知り
それは大きな課題だということがよく分かりました。

ちなみにみなさん予想はつくと思いますが
東京はすごく自立してて、それは1つの国家に並ぶ規模でスウェーデンやギリシャを超えるそう!(2017年度)

議員さんのキャラクターも人それぞれ
今回私が訪問させていただいた議員さんは、皆さん多様なバックグラウンドをお持ちで、医療事務をしていた方や、航空会社、脱サラをして農業をしようとしていた方など、色んな方がいます。

個性もそれぞれ違っていて
優しい雰囲気だけど芯はしっかり強そうな方だったり

見た目は強そうなのに打たれ弱い(本人から聞きました)心優しい方、意見も中立な方(はっきりしているイメージだったので意外でした)親切におもてなしをしてくれる方、色んな方がいます。

相性がある気がしたので、
こういう人はこの政治家さんと相性が合いそうとか考えるのも面白いかもなと思いました。マッチング笑

政治家さんから、打たれ弱いという話を聞いたとき私は驚きました!議員さんってみんな打たれ強いと思っていたので。
多様な感じがすごくいいなと思いました。

共通するのは皆さん県民のことを強く思っているということでした。

みんな政治って自分から遠い話だから、、、って思っている方多いと思うんです。
かくいう私も、社会問題に興味を持ち、政治のことを考えた時、自分と政治の距離が遠すぎて、自分がちっぽけで落ち込みました。

しかし、とくにすごい肩書きのない私のような人の話も、政治家の皆さんは時間を作って真剣に聞いてくださいました。(;_;)またお茶やコーヒーまでいただきました。

それくらい優しい皆さんに出会うことで、初めて出会った政治家である元衆議院議員の方も含め、政治を身近に感じ希望を持つようになりました。

シンプルに政治の力で社会を変えていくにはこの3つのステップが必要だと思います。

1まず自分と考えや価値観、相性が合う政治家さんを見つけること
2そしてその人を応援すること
3当選したら、会いに行ったりして意見を話し合うこと。

めっちゃ当たり前感はありますが笑
けっこう大事な気がしています!政治にあきらめを持っている人たちにも、自分たちにも変える力があるってことを知ってもらいたいです。

それにプラスアルファで、これからはSNSの使い方がキーになると思います!

政治家さんたちが、自分の思いやどんな人なのかを発信することで、それに賛同する人がSNSで応援する。

その政治家さんの影響力を強くすることができる。
↓          
意見が通りやすくなる。たとえ大きな権力があっても民意を無視できなくなる。       
またコメントなどで国民がどんなことで困っているなどが簡単に知ることもできる。

           
議員さんもたたかれるのはいやだと話されていました。
そこで私はこう伝えました。
           

私もたたかれるのが怖かったのですが、
ツイッターを呼吸のように使ってる若者に聞くと、
良いと思ってくれる人もいるし、悪く言われたらそういう意見もあるって流すようにしていて、、、

たたかれるのが怖くて良いと思ってくれる人を見つけられなかったら、もったいないと思うようになって、
自分のできる範囲で、少し発信するのに勇気いることでも、発信するようにしています。

ってこととさっき話したSNSの可能性の話を議員さんたちに伝えました。

何様って感じですね笑。どんな人にも思ったことを言ってしまうところが出てしまいました笑 
でも議員さんたち私のそんな意見も真摯に受け止めてくださいました。

みんな政治を他人事じゃなくって自分事にして、それぞれが色んな意見を出し合って良い解決策を考えて、政治で解決できる問題は政治家の方々にお願いし、それ以外の問題は自分たちで変えていく。
そういうことを実践していけば、世の中って案外早く変えることができる!と確信しました!(^^)!

私にどんなことができるのかまだまだわからないですが、今できることは発信することです。
少しでも良い変化を生めたら嬉しいです!

今回改めて大切だと思ったのは、体験することです!

ニュースや動画などでもっていたイメージと実際自分の目で見て体験することはすごくギャップがあるなと改めて思いました。

今の時代ネットでなんでも検索して見ることができるからこそ、
(座り込みなどは良い例で、実際行ったらイメージ変わると思います)

流されてる情報をただ鵜呑みにするのではなく、

1情報をしっかり吟味すること

2自分の目で確かめること

とても大切にしないといけないなと思いました。

体験はまだまだ私もたりてないと思うので、自分の目でみて勉強していきたいです!

ちなみに。政治家に向いているのは、
社会問題全般に興味があったり、一つの考えに偏らないバランス感覚がある人ということを聞きました。
政治家って色んな人たちの仲介する役割だそうで、それは自分的には新しい発見でした。

道はどんどん良い方向にいっている予感♪目の前のことに一生懸命全力で生きて、チャンスをつかんでいきます!!!